防府医師会について

防府医師会は、地域医療の担い手として、市民の皆様の健康を支える活動を行っています。

会長就任あいさつ

第24代防府医師会長 山本 一成


 防府医師会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
令和2年5月の医師会総会におきまして第24代防府医師会長に選出していただきました。私には身に余る光栄ではありますが、職責を全うできるよう精霊努力してまいりたいと存じます。

 振り返ってみれば、新時代に思いを馳せ、多少なりとも期待を寄せスタートしたはずの「令和」。ラグビーワールドカップも大いに盛り上がり、令和2年は、いよいよ東京オリンピック、と、誰もが当たり前のように思っていたことでしょう。この頃、「新型コロナ感染症(COVID-19)」に全世界が振り回されることになろうなど誰が想像できたでしょうか。
この感染症により、日常が、当たり前が消えました。集まること、触れ合うこと、対話すること、移動することが制限された緊急事態宣言は、すべての都道府県で解除されましたが、当分の間「正しく恐れる」、「新しい生活様式」、「with Corona」が続くと思われ、私たちの行動とメンタルが元通りになるとは到底考えられません。感染者がほとんど出ていない山口県でさえも、です。
 市民の皆様が安心して受診していただけるように、感染対策を十分にとり、環境整備をしているところです。

日常の診療以外にも、医師会はさまざまな活動や事業を行っています。

1、 救急医療
休日診療所、外科休日在宅医、5病院による救急輪番制などの救急医療、
防府・山口地域夜間こども急病センター(令和2年2月開設)への出務
2、 各種の検診・健診
・・・・・・各種がん検診、特定検診など
3、 各種予防接種
4、 産業医活動
5、 学校医活動
・・・・・・幼稚園保育園から高校まで
6、 医療介護福祉との連携
・・・・・・「県央デルタネット」として運用開始
7、 歯科医師会・薬剤師会との連携
・・・・・・・「市民健康フォーラム」の開催
8、 看護職員養成
・・・・・・防府看護専門学校(昭和27年~)などなど

 今年は間違いなく記録にも記憶にも残る年になるでしょう。COVID-19という小さな小さな病原微生物が世界を変えてしまいました。人気の全くない大都会の街並みや、崩壊寸前の医療現場の光景は強烈なインパクトがありました。いくら手洗いやマスク着用が習慣になったとはいえ、このウィルスが完全に消え去るとは考えにくく、この感染症を意識した日々が続くことでしょう。

 今は、医師会として何ができるのか、何をすればよいのかを自問自答している毎日です。しかし、どのようなことがあっても、市民の皆様が健康で安心して日常生活を過ごしていただけるように、行政や県立医療センター、各職種団体などと連携協力し、医師会員一同一丸となって取り組んでまいります。
 市民の皆様のより一層のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

令和2年7月

防府医師会概要


名称 一般社団法人 防府医師会
所在地 〒747-0814
 山口県防府市三田尻一丁目3番1号
電話番号 0835-22-0565
FAX番号 0835-24-4060

お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 8:30~17:00)

電話番号:0835-22-0565