住み慣れた地域で生活を続けるために地域の特性に応じたサービスを受けられます

介護保険サービスが受けられるまでの流れ

ご案内

  • 介護保険サービスを利用する

    介護保険制度は、市が保険者となって運営しています。40歳以上のみなさんは、加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要となった時には、費用の一部を支払ってサービスを利用できる仕組みです。

    サービスを利用するまでの流れ

  • 在宅医療について知る

    住民の住み慣れた地域での在宅療養を支える医療すなわち「在宅医療」の役割が重要と考えています。従来からの「病院・施設における療養」ととともに「在宅療養」も医療を通じて支えていくことが望まれます。

    在宅医療手引き

  • 在宅医療推進事業市民研修会の報告

    市町行政の地域支援事業である地域包括ケアに、行政との体制づくりを推進し、地域の実情に沿った各郡市医師会の取組みを支援する「在宅医療推進事業」に基づき、イベントや研修会を実施しています。

    活動報告の詳細

地域包括システムとは


団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるために基盤づくりを行っているのが地域包括ケアシステムです。

厚生労働省『地域包括ケアシステム』


防府医師会地域包括ケア委員会の役割


高齢者比率の増加が著明な防府市においては、施設のみならず、在宅での医療と介護が求められており、当委員会は、防府市での地域包括ケアシステム構築に協力しています。

防府医師会地域包括ケア委員会


私たちの活動

お知らせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 8:30~17:00)

0835-22-0565